酵素不足からくる体の不調

酵素不足からくる体の不調

体の不調にはさまざまな原因がありますが、ほとんどのケースは免疫力が落ちることが原因で起こります。

 

免疫力が落ちるということは、体内の免疫機能が低下しているということです。この免疫機能の多くは腸内にあるので、腸内環境が整えることが免疫力を高める
事につながります。

 

腸内環境を整えるために役立つ要素にはさまざまなもの
がありますが、そのうちのひとつが、酵素なんです。

 

逆に言うと、酵素不足になると腸内環境が悪くなり、腸内に存在している
免疫機能がうまく働けなくなり、免疫力が低下して体の不調につながる
というわけです。

 

酵素不足からくる体の不調は、大きな病気のような痛みやつらさがある
わけでなく、なんとな〜く調子が悪いな〜といった種類のものが多いです。

 

例えば、疲れやすかったり、体が重くてだるい感じがする。または、やる気が出ないなどの症状もあります。

 

また、酵素には食べ物を消化する役割もあります。特に、ステーキや唐揚げなどの脂っこい食事をすると消化酵素を大量に消費してしまいます。ですから、食後に行う消化活動も、酵素が不足していればなかなかうまくいかずに苦労することになります。

 

体の活動のリソースを消化のために大量に費やしてしまうので、食後に眠くなるといった事が多くなるのも酵素不足の特徴です。他にも、酵素が不足すると体の不要なものを排出する機能も低下するので、肌荒れやむくみなどが出たりします。

 

やはり、健康維持のためにも、酵素ドリンクなどで積極的に酵素を摂取することが、体調不良を予防する上でもおすすめです。