酵素とは?

酵素とは?

酵素とは人が生きていくために必要な物質を化学反応させ、
エネルギーに変えてくれる「タンパク質に被われた生命物質」のことです。

 

酵素は消化を初め、新陳代謝や血液をサラサラにするなど、
体のあらゆる働きに関わっています。(実は、まばたき一つにも
酵素が必要なんです。)

 

なので、酵素が不足すると代謝が悪くなったり、消化機能が働かなくなります。

 

今、日本では酵素がブームになっていますが、もともと酵素の働きに
注目し、世界で最初に「酵素栄養学」(1985年)を提唱したのは、
エドワード・ハウエル博士です。

 

ハウエル博士によると「酵素は生命活動において最も重要」と言っています。

 

代謝が悪くなると冷えや疲れ、太りやすくなったりと色々な症状が現れてしまいますし、
体内の毒素を外に排出することも、酵素不足によってうまく機能しなくなります。

 

毒素が溜まることで腸内環境が悪くなると、便秘や肌荒れの症状が起こります。

 

また、体がだるい、やる気がしない、風邪を引きやすくなったといった
状態が続くようなら、酵素不足が原因かもしれません。

 

このように、酵素は健康的に生活していくために重要な役割を担っています。

 

体内で作られる酵素の量はほぼ決まっているので、大量に消費してしまうと体調不良を
引き起こします。酵素は代謝と消化の働きがあるため、片方に酵素を多く使ってしまうと、
片方の機能を妨げてしまいます。

 

つまり、うまくバランスを取って酵素を使っていかないと、酵素不足になるという事です。

 

食べ過ぎや飲み過ぎは酵素をたくさん使う原因の一つです。消化に大量に使われると
うまく代謝が出来なくなり、太りやすくなります。

 

酵素不足だと感じる要素があるのなら、生活習慣を見直す必要があるでしょう。
出来るだけ酵素を消費しないように、規則正しい食生活を心がけてください。

 

また、酵素ドリンクなどで体内に酵素を取り入れることも健康効果に繋がりますので、
ぜひ試してみてください。