酵素を減らさない生活習慣

酵素を減らさない生活習慣

酵素は食生活が欧米化した現代にとって、消化や栄養吸収、美容やアンチエイジングを助ける強い味方です。

 

しかし、酵素は「人それぞれに一生の生産量が決まっている」と言われています。

 

そんな酵素を守るべく、酵素を減らさない生活習慣を身に付けましょう。

 

主に酵素を減少させてしまう代表的な生活習慣は、糖質や脂質の
多い食生活、睡眠不足、ストレス、喫煙飲酒、紫外線
などです。

 

特にインスタント食品やファストフードは体に大きな負担を掛けています。
添加物が多く含まれた食品を消化吸収するのに酵素はてんてこ舞いで、
他の仕事がおろそかになってしまいます。

 

規則正しい食生活やストレス解消は、酵素を減らさないために欠かせません。

 

そして、睡眠も非常に大切です。体をゆっくり休めることが内臓を休めることにもなり、
余計な仕事をすることなく、純粋に体の代謝を高め、血流を良くすることに専念できますし、
最近では、睡眠時に酵素が生産されているということが分かってきました。

 

なので、夜更かしや徹夜をしていると酵素の生産が進まず、代謝酵素不足になり、
疲れがとれなくなってしまします。そして、老化しやすく、病気になりやすい体に
なってしまいます。

 

酵素を減らさない生活習慣として早寝早起きはとても大切です。

 

また、酵素をより効率よく働かせるには、適度な運動や半身浴で体を温めるなど、
新陳代謝をよくすることも大切です。なぜなら、酵素は、体が温まっている時によく
働くからです。

 

皮肉なことに、酵素は年齢とともに減少していきますが、酵素を減少させる外的要因は
年齢とともに増えていく傾向にあります。

 

まずは、意識して酵素を減らさないように心がけましょう。また、できるだけ積極的に酵素を摂取するようにし、新陳代謝アップと健康、美容、ダイエットなども意識してみてはいかがでしょうか。