酵素の働き

酵素の働き

酵素とは、人間が生き続ける為に必要不可欠な成分で、もし酵素が
無くなれば生きていけません。食べ物の消化を始め、皮膚の新陳代謝、
血液の循環などのあらゆる働きに関わっています。

 

ですから、酵素は人間が生きていくうえで絶対になくてはならないのものなんですね。

 

いくら食べ物をたくさん食べても栄養素に分解出来なければ、
もはやどうしようもありません。例えば、体にいい物をお腹いっぱい
食べても、それを分解出来なければ体に吸収されることは絶対にないわけです。

 

ところで、この酵素ですが、大きく分けると食物酵素潜在酵素
二種類があります。潜在酵素は何もしなくても我々が生まれたときから
既に持っている酵素のことです。ただし潜在酵素には弱点があり、
生まれてから死ぬまでで分泌される酵素量が決まっている
ということです。つまり、それを使い切ってしまったとしたら人は死んでしまいます。

 

そして、この潜在酵素は主に代謝酵素消化酵素に分かれます。

 

代謝酵素には、栄養をエネルギーに変え、身体を動かす働きがあり、人間の臓器や筋肉の運動、そして健康な肌や毛髪などを作る上で非常に重要な役割を担っています。しかし、代謝酵素は限界量が定まっているため、使えば使うほど減っていってしまうんです。そして、増えることは一切ありません。

 

次に消化酵素についてですが、消化酵素は生物の体内に入ってきた
食べ物を消化し、分解・吸収するという役割を担っています。

 

よく発酵食品は非常に体に良いと言われておりますけれども、そもそもどのように体にいいのか知ってますか?

 

納豆や漬物などの発酵食品には酵母菌が含まれています。酵母菌は、酵素を生み出してくれる重要な菌なのですが、この場合の酵素が、食物酵素を差しています。

 

確かに人間も潜在酵素と言われる消化酵素を生まれたときから持っていますが、潜在酵素は有限です。仮に食物酵素を一切摂取しなかったとしても潜在酵素がありますから養分の分解自体はしっかりと出来ます。

 

しかし、潜在酵素は有限であるため、あまりにも使用し過ぎてしまうとなくなってしまうんです。

 

そこで、この弱点を補ってくれるのが食物酵素なんです。食物酵素は食物に含まれ、
体内の消化酵素と代謝酵素をサポートしてくれます。

 

食物酵素は体外から摂取するしかありませんから、主に生の野菜や果物を食べた方が良いというのはこのためです。これらのものを摂取していない人は積極的に食べた方が良いでしょう。もちろん、酵素ドリンクで補うのもOKですよ!

 

ちなみに潜在酵素を使用し過ぎた場合、人間の体は劣化が激しくなってしまいます。肌の劣化なども著しくひどくなっていってしまいます。

 

野菜をしっかり摂れと昔から言われているのにはこういう理由があるんです。潜在酵素を無駄に使用し過ぎないように野菜や果物を食べる習慣を付けるようにしましょう。また、発酵食品はこういう理由があって体に良いとされているんですね。