酵素不足と白髪の関係

酵素不足と白髪の関係

 

髪の毛は生命維持と直接の関係がないだけに、何か健康上のトラブルがあったり、栄養が足りなくなったりすると真っ先に影響が出てくるところでもあります。そのため、白髪や抜け毛についても栄養不足が関係しています。

 

髪の毛を黒くしているのはメラニン色素です。髪の毛の本来の色は白です。そこにメラニン色素が吸収されて、黒く染まっている状態が黒髪です。

 

毛根の根本には色素細胞があります。メラニン色素はチロシンというアミノ酸が原料となって作られます。その際、必要なのがチロシナーゼと呼ばれる酵素です。

 

色素細胞では、チロシナーゼという酵素が使われて黒髪を作っています。そのため、酵素が不足すると、黒髪を作るための材料が不足して白髪になってしまいます。

 

酵素は全身で使われていますが、髪の毛は生命維持と直接、関係がないため、真っ先に酵素不足に陥ります。また、酵素は人間の体内で作られていますが、加齢と共に作られる量が減っていくため、歳をとると白髪が増えていきます。

 

このように酵素不足と白髪は深く関係しています。逆に言えば、不足している酵素を酵素ドリンクを飲むことで補えれば、白髪を減らすというご利益を得ることも可能になってきます。

 

足りないものは補えば良いのです。食べたり、飲んだりするのが大変なものであれば継続するのが難しくなりますが、酵素ドリンクであれば手軽に摂取することができます。継続することも簡単です。

 

白髪でお悩みなのであれば、酵素ドリンクを継続して飲んでみるのも良いと思います。髪の毛が黒々としてくれば、全身で酵素が足りてきているという証でもあります。白髪でお悩みの方は、酵素ドリンクで黒髪を取り戻してみてはいかがでしょうか。

 

酵素ドリンクには様々な栄養が含まれており、ストレスに対しても強い体にしていくこともできます。髪の毛はストレスによっても白くなりますので、ストレス対策の効果によっても、髪の毛が白くなることを防ぐ効果が期待できます。