酵素ドリンクは妊娠中でも飲めるの?

酵素ドリンクは妊娠中でも飲めるの?

妊娠中は赤ちゃんへの影響を考え、医薬品はもちろんアルコールやカフェインなどの摂取も控えることが望ましいとされています。

 

しかし、この時期にはつわりや便秘、胃もたれなどを経験する人も多く、自分の力で体調管理を行なわなければならないことが大きな課題となります。

 

酵素ドリンクは手軽にダイエットできる飲み物として重宝されていますが、これは原料に使われている大量の野菜や果物の酵素が体内に取り込まれるからです。

 

酵素には代謝と消化を促進させる働きがあり、酵素ドリンクを摂取することで老廃物が排出されやすくなったり、消化機能が改善されたりします。つまり、妊娠中に起こりやすい便秘や胃もたれなどにも効果を発揮することになるわけです。

 

もちろん、妊娠中に過度なダイエットを行なうことは禁物です。酵素ドリンクの飲み方には食事と置き換える断食スタイルの飲み方もありますが、妊娠中にこのような飲み方をすると赤ちゃんに十分な栄養が届かなくなってしまいますので注意しましょう。

 

体調管理のために酵素ドリンクを飲むには、間食代わりに飲んだり、朝食のメニューに加えたりすることがおすすめです。酵素ドリンクには非常にたくさんの野菜や果物が含まれていますので、栄養補給のようなつもりで飲むと良いでしょう。

 

本格的な飲み方をしなくても、毎日続ければ体に変化が起こります。また、酵素ドリンクは授乳中にも安心して飲むことができます。産後は体重がなかなか減らないことに悩む女性が多くいますが、このような場合にも酵素ドリンクが役に立ちます。代謝がよくなって便秘が解消されるだけでも、体は驚くほど軽くなります。

 

授乳中は食べた物がそのまま赤ちゃんの栄養源になるため、妊娠中と同様に過度な食事制限は避け、酵素ドリンクで自然な産後ダイエットに挑戦してみましょう。