酵素ドリンクにデメリットはないの?

酵素ドリンクにデメリットはないの?

多くの効果が期待できる酵素ドリンクですが、酵素ドリンクにもデメリットがあります。酵素ドリンクのデメリットとしては、「味の好み」と「置き換えダイエット時の空腹感」が上げられます。

 

味の好みは人それぞれ

酵素ドリンクには様々な種類があります。味覚の傾向は人によって違うものですから、種類も豊富になってしまうのです。味に好みがあるのは仕方がないことですが、その中でも自分に合ったものを探すのは大変です。大抵の商品は飲みやすいように配慮されているのですが、人によっては美味しくないと感じることもあるでしょう。

 

本当に美味しくて効果も高ければ酵素ドリンクは絶対に飲みたくなるものですが、味に好みがあれば敬遠もしたくなります。また、人によっては不味いものであっても、薬のようなものであると割りきって飲んでしまう人もいるでしょう。良薬口に苦しというように、健康のためを思って美味しくないものを無理して飲んでいる人も少なくはないはずです。体によければ別に気にすることもないのですが、どうしても嫌ということもあるのが現実です。

 

酵素ドリンクには、酸味が強いものがあれば、甘みを強くしてあるものなどがあります。甘いものが苦手な人が甘い酵素ドリンクを飲んでしまっては、美味しくないと感じてしまうのは当然のことです。実に色々な種類があるのですが、全ての人にとって味に好みがあるのですから、万人に愛されるものを開発することは非常に難しいです。しかも、できるだけ多くの種類の酵素を配合するものですから、味が複雑になるのは当然と言えば当然です。

 

自分の好みにあった酵素ドリンクを見つけるためには、実際に味見をするしかありません。口コミではいろいろな意見があると思いますが、最終的には自分の判断で決めるようにすることが大切です。体に良いだけでなく、美味しいものでなければ長く飲み続けることが難しいのですから、慎重に選んでいくことが必要です。好みに合った酵素ドリンクであれば、飲むときも楽しい気分になるはずです。

 

個人的には、ベルタ酵素は非常に飲みやすくておすすめです。これから酵素ドリンクを飲み始めるという人は、まずベルタ酵素を試してみてはいかがでしょうか?
ベルタ酵素の詳細はこちらのページで紹介しています⇒ベルタ酵素の詳細ページ

 

置き換えダイエット時の空腹感

 

また、酵素ドリンクは豊富な緑黄色野菜、果実、海藻、野草などを凝縮発酵した健康ドリンクであり、天然素材でできていて栄養補助食品として最適と言われています。現代では食生活が非常に偏る傾向にあり、多くの人が野菜不足でありビタミン、ミネラル、食物繊維不足が深刻です。こうした場合に酵素ドリンクを用いるのが効果的です。

 

こうした栄養不足を補うだけでなく、酵素ドリンクには代謝酵素を増やす効果が期待できる酵素がたくさん含まれているので、ダイエットに用いるのにも最適です。

 

一日三食のうち朝食もしくは夕食を酵素ドリンクと置き換えることで摂取カロリーをコントロールし、そのことで痩せることができるのです。酵素ドリンクは栄養価が高いので、食事と置き換えても栄養失調になったり、健康を害する心配もありません。

 

しかし、この置き換えダイエットを始めたころには、非常に空腹感に苛まれるようになります。(もちろん、あまり気にならない人もいると思いますが。)酵素ドリンクにはとろみがあるものの、食事程お腹にたまらないので、人によっては、強烈な空腹感が襲います。この空腹感をうまく紛らわせるこができれば、ダイエットに成功する可能性が高まるでしょう。

 

どうしてもお腹が減った時の対処法

どうしても置き換えダイエットでお腹が減った場合は、ノンカロリーの炭酸水などを併用すると良いでしょう。またノンカロリーの寒天やゼラチンに混ぜて食感を出し、それを食べることで空腹感を紛らわせることも可能です。こうした空腹感を紛らわせることに成功できれば朝食だけでなく、昼食、夕食と置き換えを実践できるようになり、効果的にダイエットを行うことができるようになります。また、酵素ドリンクは食物繊維が豊富なので腸内環境を整え、便秘症も解消され、それによっても痩せやすい体質になります。