酵素ドリンクを長期間発酵・熟成させるのはなぜ?

酵素ドリンクを長期間発酵・熟成させるのはなぜ?

酵素ドリンクは健康や美容に良い効果をもたらすことで有名です。ダイエット効果も期待できますので、痩身目的で利用されることも多いです。その他にも、便秘解消美肌効果アンチエイジング効果免疫アップ、体質改善などが挙げられます。

 

酵素ドリンクの最も大きな特徴は、長期間発酵・熟成させている点です。実は様々な効果を得るためには、この発酵・熟成の過程が非常に重要になります。

 

酵素ドリンクを製造する際、まず最初に原料を発酵させます。発酵させることで、微生物の働きにより、食物の栄養価を高めることができます。発酵食品が体に良いと言われているのは、そのためです。

 

酵素ドリンクの場合、発酵の過程で原材料が分解されるので、摂取時の内臓への負担も軽減できますし、長期間発酵・熟成させることで酵素の含有量も増えます。

 

熟成による効果は他にもあり、アミノ酸やミネラル、乳酸菌といった健康や美容に欠かせない有効成分も増加します。

 

これらのことを考えると、発酵・熟成の過程は酵素ドリンクに欠かせないことが分かります。きちんとした効果を得るためには、最低でも1年ほど発酵・熟成させるのが望ましいとされています。(個人的には2年以上発酵・熟成された酵素ドリンクがおすすめですが)もちろん、3年以上発酵・熟成されている商品なら理想的でしょう。

 

自家製の酵素ドリンクにも自分好みの味に仕上げたり、好みの食材を使えたりと良い点もあるのですが、熟成という面から見ると物足りません。

 

実際に購入する際には、コストパフォーマンス・原材料・熟成期間・製造方法等に着目し、目的に合った商品を見つけることがポイントです。中にはくせのある風味の商品もありますので、飲みやすさというのも継続する上では外せないでしょう。健康食品は続けてこそ意味のあるものです。値段、効果、味ともに、続けたいと思える商品を探すことが最も大切です。