自家製酵素ドリンクは危険?

自家製酵素ドリンクは危険?

自分で酵素ドリンクを作りたいと思っている人もいるかもしれせんが、自家製酵素ドリンクを飲むことで、実は危険性も出てきてしまいます。

 

まず、自家製で酵素ドリンクを作る場合、食材自体を厳選することが難しくなりますので、農薬を含んだ食材を口に入れてしまう危険性があります。

 

自家製酵素ドリンクを作る際には、素材を自分で購入することになりますが、スーパーなどで販売されているものについては、農薬などを使っている野菜や果物も混ざる可能性があるため、知らない間に農薬を体内に摂りいれてしまう危険があります。

 

農薬を長期間摂りいれることにより、体内に毒素もたまるようになってしまい、体に不調を起こす場合もあります。

 

さらに、自家製の酵素ドリンクの場合、作るときに充分に衛生面について配慮しないと、食中毒を起こしてしまう危険性も出てきます。

 

酵素ドリンクを作るには、発酵や熟成期間が必要となってくるのですが、この期間を間違えてしまうと食材の成分が腐敗してしまい、飲んだときに体に影響が出てくる危険があるんです。

 

また、酵素ドリンクを作るときには、野菜や果物などを処理していくことになりますが、この過程で洗い方がまずかったり、汚れが付いたままの状態で作ってしまうことで、菌が繁殖してしまい飲んだときに影響が出てくる心配もあります。

 

このように、自家製の酵素ドリンクを摂取することで、知らない間に農薬を体内に摂りいれてしまったり、処理のまずさから食中毒を起こす危険性があります。

 

普段から自分で作っている方であれば慣れていますので問題ないと思いますが、酵素ドリンクを作ったことがない人は、原材料の選び方から処理までに相当の手間もかかってきますので、通販などで売られている酵素ドリンクを購入するのがおすすめです。