Kombucha(コンブチャ)と酵素ドリンクの違い

Kombucha(コンブチャ)と酵素ドリンクの違い

ダイエットにも様々なものがありますが、Kombucha(コンブチャ)や酵素ドリンクのように体の中からサポートするドリンクが注目を集めています。Kombucha(コンブチャ)は、紅茶や緑茶にゲル状の菌株と酵母を加え、お茶そのものを自然発酵させて作られた発酵飲料のことで、酵素の他にもポリフェノールやビタミン、ミネラルやアミノ酸、乳酸菌などが豊富に含まれています。

 

対して酵素ドリンクは野菜や果物などに砂糖を加え、長期間熟成・発酵して作られています。つまり、Kombucha(コンブチャ)は酵素ドリンクの一種とも考えられ、その違いは酵素以外にも美容やダイエットに効果的な酵母や乳酸菌といった成分が豊富に含まれている点です。

 

酵素は代謝との関わりが深く、不足してしまうと太りやすい体質になってしまいます。(詳しくは、こちら⇒ 酵素不足と肥満の関係

 

酵素は、現代の食生活の中での摂取量が不十分だと言われているため、Kombucha(コンブチャ)や酵素ドリンクなどによって補ってあげることが大切です。

 

また、Kombucha(コンブチャ)には乳酸菌や酵母菌と言った腸内環境を整える菌がたくさん含まれています。便秘解消やデトックス効果を高め、免疫力の向上など健康に関わるケアとしても期待ができます。

 

ただ、注意点としてKombucha(コンブチャ)には高いデトックス作用があるとされていることから、一日の摂取量に注意する必要があります。飲みすぎてしまうとお腹がゆるくなってしまう可能性がありますので、特に便秘などに悩まされていない人にとっては酵素ドリンクの方が向いていると言えるかもしれません。

 

ダイエットでよく取り上げられる置き換えダイエットには、Kombucha(コンブチャ)の風味がスムージーやヨーグルトとの相性がよく、栄養素も多いため適しています。一日の摂取量も決めやすいことも理由です。それぞれの違いを把握することで、活用しやすくなりますので、用途に応じて使い分けていくと良いでしょう。

 

日本で最も売れているKombucha(コンブチャ)、コンブチャクレンズを徹底調査!その驚きの効果とは?

 

 

Kombucha(コンブチャ)と酵素ドリンクの違い関連ページ

Kombucha(コンブチャ)とは?
Kombucha(コンブチャ)の効果的な飲み方